URL: [Ana Sayfa] [CookiesLeri SiL]

Options:

エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows 7 の自動インストール: 概要

更新日: 2009年9月

適用対象: Windows 7

 

 

自動インストールの手法は、IT 担当者が常駐し、技術の導入について必要に応じてパートナー企業の支援を受ける企業に適しています。200 ~ 500 台のクライアント コンピューターを持ち、少なくとも 1 つの場所に 25 名を超えるユーザーがいる、Windows Server® に基づく管理されたネットワークを構築しており、そのネットワークが複数の場所に設置されている可能性がある組織の場合は、この手法をお勧めします。

noteメモ
自動インストールの手法は、ライト タッチ インストール (LTI) とも呼ばれます。

Microsoft® Deployment Toolkit (MDT) 2010 は、無償で利用できる Solution Accelerator であり、この MDT 2010 を使用して Windows® 7 オペレーティング システムを展開できます。Microsoft の社員、パートナー、および顧客の経験を集積して開発された MDT 2010 には、展開フレームワークとして機能する何千行ものコードが含まれています。ユーザーは、このフレームワークを活用することで、プログラミングではなくビジネスに集中できるようになります。

ここで説明する内容は、Windows を展開した経験がないか、エンタープライズ展開のインフラストラクチャを持たない、中小企業向けの情報です。

次の関連情報も参照してください。

Windows 7 のリソース、記事、デモ、およびガイダンスのすべての一覧については、Windows Client TechCenter の 「Springboard Series for Windows 7」 (英語版の可能性があります) を参照してください。.

このドキュメントのダウンロード可能なバージョンについては、Microsoft ダウンロード センターの「Automated Installation of Windows 7: Overview (Windows 7 の自動インストールの概要に関するページ)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=162741) を参照してください。

この手法について

自動インストールの手法には、MDT 2010 を使用できます。MDT 2010 を使用するには、既に構築しているインフラストラクチャで十分です。インフラストラクチャの要件は、ファイル サーバーだけです。自動インストールの手法に MDT 2010 を使用すると、一貫した構成を適用してサポートへの問い合わせ件数を軽減できるため、展開が効率化され、サポート コストが節約されます。これらすべてが、インフラストラクチャに多くの投資をせずに実現します。

自動インストールの手法に MDT 2010 を使用する利点は次のとおりです。

  • すべてのクライアント コンピューターに一貫した構成が適用されるため、問題が発生することが少なくなります。

  • MDT 2010 がアプリケーション、デバイス ドライバー、および更新プログラムのインストールを処理するため、展開が容易になります。

  • アプリケーション、デバイス ドライバー、および更新プログラムを容易に展開できるため、メンテナンスが効率化されます。

noteメモ
MDT 2010 は、シン イメージとシック イメージをサポートします。シン イメージとは、Microsoft が提供する Windows 7 イメージをカスタマイズせずにインストール (または、最小限にカスタマイズされたイメージをインストール) してから、展開時に、自動化によってアプリケーション、デバイス ドライバー、および更新プログラムを各クライアント コンピューターにインストールする処理です。シック イメージとは、アプリケーション、デバイス ドライバー、および更新プログラムでイメージをカスタマイズしてから展開する処理です。Microsoft では、メンテナンス時間が短縮され、コストも削減できる、シン イメージを推奨しています。MDT 2010 を使用すると、シン イメージでの自動インストールが容易になります。実際、この手法ではシン イメージが推奨されています。

手法の要件

自動でインストールする手法に必要なものは、次のとおりです。

展開プロセス

次の表は、自動インストールの手法での展開プロセスの概要を示しています。左側の列には手順の説明が、右側の列にはその手順の実行に関する詳細情報へのリンクが表示されています。

 

手順 詳細情報

1. 企業の準備状況を評価する。Microsoft Assessment and Planning Toolkit を使用して、Windows 7 の導入に向けた企業の準備状況を判断します。

Microsoft Assessment and Planning Toolkit

2. アプリケーションの互換性を分析する。ACT を使用してアプリケーションをランク付けし、それらのアプリケーションの互換性ステータスを判断し、アプリケーションを統合します。ACT は、互換性の問題があるアプリケーションを選別および修復するのに役立ちます。

Microsoft Application Compatibility Toolkit (ACT) Version 5.5

3. 展開用にインフラストラクチャを準備する。展開共有用にファイル サーバーを作成して、MDT 2010 のインフラストラクチャを準備します。Windows Server 2008 に Windows 展開サービスの役割をインストールし、構成することもできます。Windows 展開サービスを使用してクライアント コンピューターを起動するのが、ネットワーク展開を開始する最も簡単な方法です。

4. MDT 2010 および必須コンポーネントをインストールする。Windows AIK および MDT 2010 を、その他の必須コンポーネントと共にファイル サーバーにインストールします。

5. 展開共有を作成する。展開共有を作成し、オペレーティング システム、アプリケーション、デバイス ドライバー、および更新プログラムと共に保存します。

Microsoft Deployment Workbench Imaging Guide (Microsoft Deployment Workbench のイメージングに関するガイド)

6. Windows 7 をインストールするタスク シーケンスを構築する。MDT 2010 で、展開する構成ごとにタスク シーケンスを作成し、カスタマイズします。タスク シーケンスには、Windows 7 のインストールについての指示が含まれます。

Modifying Task Sequences (タスク シーケンスの変更に関するページ)

7. 起動イメージを作成する。MDT 2010 で、展開共有に接続するためのメディアを作成します。このメディアには、展開時にクライアント コンピューターを起動するのに使用する、Windows Preinstallation (Windows PE) イメージが含まれます。

Preparing the Deployment Environment (展開環境の準備に関するページ)

8. 起動イメージをポータブル記憶装置にコピーする。展開共有用にメディアを作成したときに MDT 2010 で作成されたイメージを使用して、起動可能な DVD または USB フラッシュ ドライブ (UFD) を準備することによって、Windows PE イメージを起動するデバイスを作成します。Windows PE イメージを Windows 展開サービスに追加して、展開時に迅速にイメージを起動することもできます。

チュートリアル: 起動可能な Windows PE RAM ディスクを UFD に作成する

9. Windows 7 を各コンピューターに展開する。Windows PE イメージを使用して各クライアント コンピューターを起動し、指示に従って配布共有にログオンし、タスク シーケンスを選択し、Windows 7 をインストールします。

Running the Windows Deployment Wizard (Windows Deployment ウィザードの実行に関するページ)

9. Windows 7 をライセンス認証する。会社でキー管理サービス (KMS) を使用していない場合は、Microsoft による Windows 7 のライセンス認証を手動で行います。

Windows ボリューム アクティベーション

制限事項

中規模企業にとって、自動インストールの手法では、インストールの最初にわずかな手動操作が必要になるものの、大きな影響を与える制限事項はありません。ビジネスの拡大に合わせて MDT 2010 を簡単に拡張して、データベースを構成し Windows 展開サービスの役割を展開するだけという、ほぼ完全な自動化を実現できます。アプリケーションのインストールとオペレーティング システムの構成を自動化することによって、展開プロセスにおけるユーザー操作を排除すると、展開コストとサポート コストの削減に役立ちます。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft
DCSIMG